米めんレシピ

簡単・おいしい 米めんレシピ

シンプル和風・基本のゆで方
お好みの薬味とめんつゆで、なめらかな喉ごしの米めんをお楽しみください。
ゆで方も、こちらをご参照ください。
スープカレー米めん
スパイシーなカレー風味のスープが食欲をそそるレシピです。
缶詰トマトとチキンブイヨンにガラムマサラとナンプラーを加えてエスニックなスープカレーに仕上げました。
米めんチャンプルー
豚バラ肉、桜エビ、ニラ、もやしなどの野菜と米めんをごま油で炒めた深い味わいの米めんチャンプルー。
隠し味はオイスターソースと昆布茶で。
米めんのアジアンサラダ
紅花入り米めんでいろどり鮮やかなアジアンサラダが出来上がりました。
ナンプラー、レモン汁、スイートチリソースを加えて、甘くて、酸っぱくて、スパイシーなサラダをどうぞ。
米めんデザート2種
米めんをゆでて氷水で洗って水気をきり、黒蜜をかけたり、ゆであずき(缶詰)ときなこをかけて、お好みの物を上に飾ったデザートとしてもおいしくいただけます。

東京赤坂イタリアンレストラン オーナーシェフもおすすめ!

「米めんは創作意欲を刺激してくれるもっとも新しい食材です。
従来の麺の概念を超えて、お客様においしく召し上がっていただける『米めん』料理は、和風、中華風、洋風、もちろんイタリアンにも最適。煮てよし、揚げてよし。様々なバリエーションでお楽しみいただける新感覚の麺です」

東京赤坂 イタリアンレストラン オーナーシェフ
元クレイストンホテル総料理長

 

お客様からのお便り

こんにちは。いつも『米めん』を美味しくいただいています。
お米の麺といえばビーフンと思っていましたが、お友達と新潟にバスツアーに出かけた際に見つけて以来、『米めん』を注文するようになりました。つるつるとした食感と、あっさりとした味。いろんな料理方法を試しています。なかでも、我が家のお気に入りは、お野菜とお肉をたっぷり入れた焼きうどん風。また別のレシピを試してみたら、お手紙差し上げます。震災、大変でしたね。一日も早く復興され、おいしい『米めん』をたくさん作ってください。

(東京都 主婦  54歳)

現在幼稚園に通う息子が小麦アレルギーのため、暑い夏でも冷たいそうめんを与えることができずにいました。お中元にいただいた『米めん』を、息子が美味しそうに食べている姿を見ると、『米めん』を贈ってくださった方の心遣いが身にしみます。週末、公園で遊んで汗だくになって帰ってきた日は、「お母さん、冷たい米めんちょうだい!」とリクエストされるほど。もちろん、私自身も美味しくいただいています。

(神奈川県 主婦  30歳)

自称「料理研究家」の私。こんなにいろんな料理に使える麺は『米めん』が初めてです。冷蔵庫にひき肉があるときは、トマトソースを使ってイタリアン風にするか、甜麺醤と豆板醤を効かせてジャージャン麺風にするかと悩んでしまいます。先日ボーイフレンドに作ってあげた時、「どっちにする?」と聞いたら、「両方!」との答え。二人で一緒に作りました。『米めん』って、もしかしたら、愛のキューピッドにもなってくれるのかな?(笑)

(東京都 調理師専門学校生  19歳)

何年か前まで、贈答シーズンには何を贈ろうかと頭を悩ませておりました。百貨店に行っても、いつも似たような品揃えですし。そんな折、ふらりと立ち寄った新潟物産展で『米めん』を見つけました。自宅用に購入し、試してみたところ、とても美味しいんです。うるち米でできているからでしょうか。つるっとした喉越しと、歯ごたえ。これなら!と思い、それ以降、お中元もお歳暮も『米めん』を贈っています。
先様も楽しみにしていらっしゃるようです。

(千葉県 主婦  68歳)

夫は営業職のせいか、飲んで帰ってくることが多いんです。多少は食べているのでしょうが、深夜に帰宅した時、以前なら「なんか食べるものない?」と言っていたのが、今では「ちょっと、米めん作ってくれ」と言っています。あっさりとして、つるつるっと食べられるのが良いのでしょうね。お米ですから身体にも良いし。先日『米めん』の買い置きを切らしていたのですが、「じゃあいいよ。もう、寝る」と言って何も食べずに寝てしまいました。ネットで注文できるので、今ではいつでも出してあげられます。今度はちょっと多めに注文しようと思っています。賞味期限が半年だし、いつでもストックしておきたいので。

(茨城県 主婦  45歳)